コラム

糖尿病にならないためには

糖尿病は1型と2型の二つに分けられ、そのなかでも肥満や運動不足など生活習慣の乱れが原因となって引き起こされるのが2型糖尿病です。日本人の糖尿病にかかっている方の多くは、この2型糖尿病に当てはまるといわれています。2型糖尿病は、日頃の生活に気をつけることで予防が可能です。


食生活

食生活

日々の食事を見直すことは、糖尿病の予防・治療において非常に効果的です。

»規則正しい食事

朝食をぬく、バラバラの時間に食べるなど、食事の回数や間隔が不規則になるのはよくありません。回数や間隔が不規則だと、インスリンを分泌するのに負担がかかってしまうため体脂肪が合成されやすくなるのです。糖尿病を予防するには、決まった時間に3食きちんと食事をすることが大切です。

»糖尿病の予防に効果的な食品

糖尿病の予防に効果的とされている食品には、以下のものがあります。

  • 山芋
  • じゃがいも
  • ゴボウ
  • シイタケ
  • ダイコン
  • かぼちゃ

糖尿病予防にはバランスの良い、必要量のカロリーを摂取する食生活が理想的です。
必要量以上のカロリーの摂取は病気のリスクを高める要因ですので、バランスとカロリーを意識した食事を心掛けましょう。


適度な運動

適度な運動

適度な運動は高血糖を改善し、糖尿病だけでなく合併症の予防にも効果的です。ただし、普段運動されない方やご年配の方などは、急激な運動などは避けるようにしてください。体に大きな負担をかけてしまい、反対に急な病気を発症する危険があります。

予防をするうえで最も大切なことは、無理をせず長く続けることです。

運動をする際は、有酸素運動をおすすめします。有酸素運動とは、酸素を取り込むことを目的とした持続時間の長い全身運動のことです。
エアロビクスや水泳、早足でのウォーキングなどが有酸素運動として挙げられますので、自分に合った運動方法を探してみましょう。


当クリニックは札幌駅からアクセスが便利な位置にあり、忙しいお仕事の間にも通院が可能です。
当クリニックでは、糖尿病などの生活習慣病や消化器疾患や呼吸器疾患などの診察を行っております。吐き気の少ない胃カメラ検査など検診を行っておりますので、札幌市内で病院をお探しの方はぜひご利用ください。

このページの先頭へ